−−−−−信州・ビーナスラインの隠れ里「依田窪」の人々と暮らし−−−−−

  「山の花」 

hpc ヤマボウシ hps ヤナギラン hpz ウツボグサ
・・ヤマボウシ・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・ヤナギラン・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ウツボグサ・・・・

依田窪の西から南、東に連なる美ヶ原、霧ヶ峰、蓼科山は、豊かな自然に恵まれた草花の宝庫です
とりわけ霧ヶ峰高原は、国の天然記念物に指定されている高層湿原と、自然状態に近い広大な草原があり、
33種の新種を含む1280種類の植物が記録され、すばらしい山岳眺望とともに日本屈指のものとなっています

花や植物に関心があれば、早春から晩秋まで毎週のように変化していく盛りの花が楽しめます

霧ヶ峰高原の花は季節順に、アズマイチゲ、ザゼンソウ、ヒトリシズカ、二輪草、サクラソウ、フデリンドウ、
ラショウモンカズラ、スミレ類、ショウジョウバカマ、舞鶴草、フタリシズカ、チゴユリ、鈴蘭、ツバメオモト、

ワタスゲ、ズミ、アマドコロ、山芍薬、ササバギンラン、ミズチドリ、アヤメ、野花菖蒲、ウバユリ、
バイカウツギ、大山蓮華、ヤグルマソウ、九輪草、ベニバナイチヤクソウ、レンゲツツジ、キバナノヤマオダマキ、

野薊、コバイケイソウ、シモツケソウ、ニッコウキスゲ、小鬼百合、コバギボウシ、イブキトラノオ、ウツボグサ、
ヨツバヒヨドリ、ヤナギラン、白山風露、イブキジャコウソウ、オカトラノオ、巴草、シシウド、マルバダケブキ、

釣舟草、キツリフネ、ヤマハハコ、エゾカワラナデシコ、節黒仙翁、ハンゴンソウ、タムラソウ、クガイソウ、
ヤマトリカブト、釣鐘人参、サラシナショウマ、ウメバチソウ、アサマフウロ、松虫草、ノコンギク、シラヤマギク、

アキノキリンソウ、女郎花、山萩、竜胆、ツルリンドウ、アケボノソウ、・・・

6月のレンゲツツジ、7・8月のニッコウキスゲ、ヤナギラン、アカバナシモツケ、8・9月のマツムシソウの群落は格別です

山の花のリンクと書籍 「霧ヶ峰高原」 「美ヶ原の自然」 「八ヶ岳高山植物」
「霧ヶ峰・八ヶ岳の植物」
今井建樹ほか 1983 信濃毎日新聞社
「植物誌」
佐藤達夫 1966 雪華社
「花の絵本」
佐藤達夫 1970 中日新聞社
「原色日本高山植物図鑑」
武田久吉 1959 保育社

トップ 登山 トレッキング スキー 山スキー ゴルフ 卓球 渓流釣り 川下り 陶芸 彫金 木彫 燻製 かるた
園芸 農園 果物栽培 エコツアー 祭り 街道 山の花 野鳥 きのこ 山菜 そば 果実酒
都会の喧噪を離れて、信州・よだくぼを訪れ、 趣味人・達人たち の暮らしにふれてみませんか?
高原の宿へのリンク カントリーイン ゼフィール 夢風船 霧ヶ峰のペンション マップ 隠れ里の四季 地域情報 お便りありがとう
こちらのフォームからお便りをどうぞ・・・・ ・・・・ ・・・・ このページへのリンクはご自由にどうぞ!・・・・