−−−−−信州・ビーナスラインの隠れ里「依田窪」の人々と暮らし−−−−−

  「バードウォッチング」 

hpc ウソ hps オオマシコ hpz カワラヒワ
・・ウソ・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・オオマシコ・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・カワラヒワ・・・・

「この世の中で最も美しく最もこころ優しいものは野鳥たちである」、
「野の声は野外で聞け、鳥の姿は野外で見よ、鳥を楽しみたいなら自然の中で」・・・中西悟堂

野鳥への関心はNHKラジオの「季節の小鳥」が始まり、後にこの中から100種の鳴き声がレコードで発売され
買い求めました。後に信州の高原に住むことになって、日本野鳥の会に入会、協定施設に指定され、
地区の探鳥会に参加したり、図鑑やCDなどを見たりしてているうちに、山の鳥の姿や鳴き声が少しずつわかってきました

霧ヶ峰の草原にはノビタキ、ホオアカ、コヨシキリ、ビンズイ、オオジシギなど、
山彦谷の林にはカッコウ、ホトトギス、ジュウイチ、コマドリ、イカル、アカハラ、ゴジュウカラなど
岩魚釣りに行く大門川の渓流や断崖には、カワガラス、ミソサザイ、キセキレイ、イヌワシなど
雪に覆われる季節にはには、ウソ、オオマシコ、アカゲラ、ツグミ、シメ、カワラヒワなどがよく見られます

「塩嶺小鳥バス」(日本野鳥の会諏訪支部運営)は、1954年にスタートし、毎年5月〜6月の毎日曜日に開催、
早朝の探鳥会にあわせて専用の往復バスが運行され、信州のバードウォッチング入門に絶好です
塩嶺(塩尻峠)は八ヶ岳中信高原国定公園の一角にあり、長野県の『小鳥の森』に指定されています。
塩嶺一帯で観察された鳥類は92種で、ヤマガラ・コルリ・オオルリ・キビタキ・クロツグミなどが繁殖しています。

野鳥のリンクと書籍 「信州諏訪の野鳥通信」 「日本野鳥の会諏訪支部」 「日本野鳥の会」
「山麓の野鳥」
吉野俊幸 1996 文一総合出版
「野鳥図鑑(野山の鳥)」
高木清和 2000 山と渓谷社
「高原の野鳥物語」
手塚宗求 1990 恒文社
「野鳥」
月刊誌 日本野鳥の会

トップ 登山 トレッキング スキー 山スキー ゴルフ 卓球 渓流釣り 川下り 陶芸 彫金 木彫 燻製 かるた
園芸 農園 果物栽培 エコツアー 祭り 街道 山の花 野鳥 きのこ 山菜 そば 果実酒
都会の喧噪を離れて、信州・よだくぼを訪れ、 趣味人・達人たち の暮らしにふれてみませんか?
高原の宿へのリンク カントリーイン ゼフィール 霧ヶ峰のペンション マップ 隠れ里の四季 地域情報 お便りありがとう
こちらのフォームからお便りをどうぞ・・・・ ・・・・ ・・・・ このページへのリンクはご自由にどうぞ!・・・・